所蔵一覧

概要

叢書名
よくわかる最新医学
書名1
関節リウマチ
著者名
主婦の友社編
出版者
主婦の友社
出版年月日
2020/09
ISBN1
9784074426201
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

請求記号 493.63シ
分類記号
493.63
著者記号
登録番号 088430
ページ 159p 挿図
サイズ 21cm
件名 関節リウマチ 関節リウマチ
内容細目1 関節リウマチの患者さんの必読書。治療効果の高い、新登場の抗リウマチ薬から、リハビリ療法、日常でのケアまで、最新情報を紹介します。●関節リウマチの患者さんの必読書。治療とケアの最新情報を紹介します。●関節リウマチは、手足など全身の関節の炎症によって、痛み、こわばり、はれなどの症状が起き、進行すると関節が変形したり破壊されたりしてしまう病気です。他にも発熱や疲労感などの症状が起き、肺や血管や骨にも症状が現れることがあります。特に中高年の女性に多い病気です。●以前は治療の難しい「不治の病気」とされていましたが、近年は、JAK阻害薬などの効果的な新薬が次々登場し、「症状の改善や治癒を目指すことのできる病気」になりました。●関節リウマチの治療には、早期に発見して、患者さんに合った適切な治療を開始することが非常に大切です。そのための最新情報を分かりやすく解説します。食生活やリハビリテーションについても紹介。●リウマチの患者さんに多く見られる骨粗鬆症への対応や、患者さんの妊娠出産についてもくわしく解説します。●日本臨床リウマチ学会会長を務めるなど、リウマチの専門医としての各方面での活躍で知られ、患者さんたちからの信頼もあつい松野博明先生の監修です。
内容細目2 【内容の紹介】●第1章「関節リウマチとは、どのような病気か」関節リウマチになりやすいのはどんな人? 関節リウマチの発症の仕組みと経過●第2章「関節リウマチの症状」関節のはれ・こわばり・痛・微熱/全身に出る症状/手指の変形/関節以外の症状●第3章「関節リウマチの診断」受診・検査・診断・数値の見方●第4章「薬物療法」様変わりしたリウマチ治療……JAK阻害薬・生物学的製剤・非ステロイド性消炎鎮痛薬・ステロイド薬・その他の薬●第5章「手術療法・リハビリ療法・その他の療法」……手術のメリットとデメリット リハビリの種類●第6章「骨粗鬆症の治療と、妊娠~出産までの治療」骨粗鬆症とリウマチが合併する場合の治療 リウマチ患者の妊娠~出産の注意点●第7章「日常生活のケア」日常動作での注意点 食生活の注意点 家庭でのリハビリ●第8章「社会制度の活用」公的補助 高額療養費制度 医療費の軽減制度●各章ごとに「専門医が答える関節リウマチQ&A」を掲載

所蔵一覧

所蔵1 冊