所蔵一覧

概要

書名1
るすめしレシピ
著者名
上田淳子 [著]
出版者
自由国民社
出版年月日
2016/09
ISBN1
9784426121563
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

貸出中

詳細

請求記号 596ウ
分類記号
596 食品.料理
著者記号
登録番号 087767
ページ 127p
サイズ 21cm
件名 料理
内容細目1 お留守番のごはんのことは、今日から「るすめし」にお任せしてはどうでしょうか。つくるのも、食べるのも、あたたかく、そして、美味しく、なります。作るの、楽ちん。すぐ、美味しい!これ、本当なんですよ。料理研究家の上田淳子さんが、家族ごはんを毎日作り続けてきた、プロならではのコツ、作り方、仕込み、調理時間を、きっちりわかりやすく、ここに思い切ってご家庭向けに大公開。この本では、食べる立場を大切にしていることも「いいね! 」なのです。「作り置き」や「つくおき」の家庭料理はすっかり人気で話題となりましたが、実はこの「るすめし」、自分のためにつくるのもOKなのです。ある意味、ひとり暮らしのみなさんにも、楽しめるメニューでもあるのです。誰かのために、そして、自分のために、「るすめし」を楽しんでみてください。美味しいのって、つくるのも、食べるのも、ハッピーにしてくれますからね。
内容細目2 何を隠そう、私も子育てしながら働いてきた当事者です。料理の仕事をしている者にとっても、家族の日々のごはん作りはなかなかハードルが高く、作り手も、食べ手も、両者が無理なく笑っていられる食卓ってどうしたら作ることができるのだろう?と悩んだこともあります。試行錯誤していくうちに、少しずつ増えていったのが留守番している家族用のレシピです。週末や平日の夜や朝、晩ごはんをパパッと作りおきをする『るすめし』レシピにずいぶん助けられました。子どもが小さくても冷蔵庫から出して食べることはできるはず。大人にとっても、サッとあたためるだけでお腹が満たされる一品があれば、心はホッとするはず。なにより自分自身も疲れて家に帰ったときに、ごはんがちゃんと用意されていると、とても幸せです。毎日のことだからこそ「食が、安堵を生み、家族をつなぐ」。そんな思いを込めた本書のレシピが、読者のご家庭で、笑顔のもとになることを願っております。
内容細目3 ■本書[るすめしレシピのルール]より◎ 週末と平日の夜&朝を使い分けて作りおきしましょう◎ 『るすめし』おかずは1~2品でいきましょう◎ 留守番する人の喜ぶものを作りましょう◎ 留守番する人のできることを考えましょう■ 本書[『るすめし』のプランについて]より忙しいお母さんだったら、平日5日間『るすめし』が必要になるかもしれません。留守番する人が電子レンジを使えないようであれば(小学校低学年はもちろん、家事経験のないお父さんも! )、1章のおかずを週末に3種類(保存期間が3日のものを必ずひとつ選んで)、週なかばに2種類仕込んで乗りきりましょう。電子レンジが使えるようになったら、1章の作りおきを減らして、週の頭やなかばに2章のおかずを入れ込むこともできます。コンロの火が使えるようになれば、作りおきの仕込みを1章のものだけでなく3章のものを入れることもできますね。さらに、ちょっと調理ができるようになったら、4章のマリネやカット野菜を冷蔵庫や冷凍庫に保存しておけば、仕込みの手間をかなり省けます。急な残業でどうしようもない時は「週末にごちそうを作るから今日はゴメン! 『ごはんのお供』でお許しを! ! 」の日があってもいいと思います。週末にぎゅっとまとめて作ってしまいたい人。平日にちょこちょこ作るほうがラクという人。自分に合った形で自由にプランニングしてみてください。

所蔵一覧

所蔵1 冊