所蔵一覧

概要

叢書名
岩波ブックレット ; No.1025
書名1
強制不妊と優生保護法
書名2
"公益"に奪われたいのち
著者名
藤野豊著
出版者
岩波書店
出版年月日
2020/05
ISBN1
9784002710259
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

請求記号 081イ1025
分類記号
081 日本語
著者記号
副本記号 1025
登録番号 087492
ページ 59p
サイズ 21cm
件名 優生保護法 ハンセン病
内容細目1 VT:強制不妊と優生保護法 : 公益に奪われたいのち
内容細目2 “公益”に奪われたいのち日本国憲法で謳われた“公益”が優生保護法を生み、不妊手術を強制する根拠・論理となってきた歴史を辿る。
内容細目3 相次ぐ国家賠償訴訟によって、ようやく可視化されるに到った強制不妊手術の実態。日本国憲法で謳われた“公益”が優生保護法を生み、「障害者」やハンセン病患者の人権を奪う根拠・論理となってきた歴史と、優生保護法が母体保護法と名称を変えた今もその構造は変わらず、問題は終わっていないことを明らかにする。
内容細目4 はじめに――なぜ今、優生保護法が問題になっているのでしょうか1 優生保護法に至る前史2 優生保護法の成立3 優生保護法改正と人権侵害の強化4 なぜ、ハンセン病患者は優性保護法の対象とされたのでしょうか5 なぜ、優生保護法は一九九六年まで維持されたのでしょうかおわりに――“公益”と憲法

所蔵一覧

所蔵1 冊