所蔵一覧

概要

叢書名
栄養科学シリーズNEXT
書名1
新・栄養学総論
著者名
友竹浩之 桑波田雅士編
出版者
講談社
出版年月日
2016/11
ISBN1
9784061553903
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

請求記号 498.5エ
分類記号
498.5
著者記号
登録番号 081777
ページ xi, 156p 挿図, 肖像
サイズ 26cm
件名 栄養
内容細目1 VT:新栄養学総論
内容細目2 1. 栄養の概念 1.1 栄養と健康,疾患 A.栄養とは B.食物摂取と健康の維持・増進(栄養素の欠乏症・過剰症) C.栄養学の歴史 1.2 摂取した栄養素の体内でのはたらき A.栄養素の種類と生体内での役割 B.栄養素の流れを理解する2. 消化と吸収 2.1 消化・吸収が行われる器官とはたらき A.消化管 B.付属器官(消化腺) 2.2 栄養素の消化 A.消化液と栄養素 B.糖質の消化 C.タンパク質の消化 D.脂質の消化 2.3 栄養素の吸収とそのしくみ A.栄養素の吸収部位 B.門脈系,リンパ系 C.受動輸送と能動輸送 D.単糖の吸収 E.アミノ酸の吸収 F.脂質の吸収 G.ビタミンの吸収 H.ミネラルの吸収
内容細目3 3. 炭水化物の栄養 3.1 糖質の種類と構造 A.多糖類 B.二糖類と少糖類 C.単糖類 3.2 糖質の体内代謝 A.糖質のはたらき B.糖質とエネルギー代謝 C.糖質エネルギー比率(炭水化物%エネルギー) D.糖質が不足すると E.食べ過ぎると血糖から脂肪がつくられる 3.3 他の栄養素と糖質の関係 A.タンパク質節約作用 B.糖質代謝で消費の多いビタミンB1 3.4 糖質を多く含む食品 A.デンプンの多い食品 B.食事摂取基準との比較 3.5 食物繊維(難消化性糖質)の種類とはたらき A.不溶性食物繊維と水溶性食物繊維 B.オリゴ糖 C.食物繊維のはたらき D.腸内細菌 3.6 食物繊維を多く含む食品 A.食物繊維を多く含む食品 B.食事摂取基準との比較4. タンパク質の栄養 4.1 タンパク質の構造と体内代謝 A.タンパク質の構造 B.タンパク質の役割 C.体タンパク質の作られ方 D.窒素出納 E.タンパク質が不足すると F.タンパク質を過剰に摂取すると 4.2 アミノ酸の構造と種類 A.アミノ酸の基本構造 B.アミノ酸の種類 C.必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)とは D.アミノ酸の補足効果 E.アミノ酸の廃棄 4.3 タンパク質の栄養価 A.栄養価の評価方法 B.栄養価の高い食品 4.4 タンパク質を多く含む食品 A.1食あたりの常用量 B.食事摂取基準(18~ 29歳女性)との比較
内容細目4 5. 脂質の栄養 5.1 脂質とは A.脂質が不足すると B.脂質を過剰に摂取すると C.生活習慣病とのかかわり 5.2 トリアシルグリセロールの構造と体内代謝 A.トリアシルグリセロールの基本構造 B.トリアシルグリセロールの吸収と合成 C.エネルギーの貯蔵と利用 5.3 脂肪酸の構造と種類 A.脂肪酸の構造 B.脂肪酸の種類 C.脂肪酸の分解 D.脂肪酸の合成 E.脂肪エネルギー比率 5.4 コレステロールの特徴 A.体内でのはたらき B.コレステロールの合成 C.コレステロールと動脈硬化 D.胆汁酸との関係 5.5 脂質を多く含む食品 A.1食あたりの常用量 B.食事摂取基準(18~ 29歳女性)6. ビタミンの栄養 6.1 ビタミンの分類と栄養学的機能 A.ビタミンとは B.ビタミンの種類 6.2 脂溶性ビタミンのはたらきと欠乏症および過剰症 A.ビタミンA B.ビタミンD C.ビタミンE D.ビタミンK 6.3 水溶性ビタミンのはたらきと欠乏症および過剰症 A.ビタミンB 群 B.ビタミンC
内容細目5 7. ミネラル(無機質)の栄養 7.1 ミネラルの分類と栄養学的機能 A.ミネラルとは B.ミネラルの種類 7.2 多量ミネラルのはたらき A.ナトリウム B.カリウム C.カルシウム D.マグネシウム E.リン 7.3 微量ミネラルのはたらき A.鉄 B.銅 C.亜鉛 D.マンガン E.ヨウ素 F.クロム G.セレン H.モリブデン8. 水のはたらき 8.1 水の出納 A.水の出納とホルモンのはたらき B.体内から出る水 8.2 水のはたらき A.体内の水の量 B.水の欠乏と過剰
内容細目6 9. エネルギー代謝 9.1 エネルギー代謝の概念 A.生体におけるエネルギーとは B.エネルギーの単位 C.食物のもつエネルギーと生体利用エネルギー 9.2 エネルギー消費量 A.基礎代謝量とは B.安静時代謝量 C.食事誘発性体熱産生 D.活動時代謝量 E.エネルギー必要量 9.3 エネルギー代謝の測定法 A.直接法と間接法 B.呼気ガス分析付録 日本人の食事摂取基準(2015 年版) 参考書

所蔵一覧

所蔵1 冊